MENU

3色コーデで、地味服でも簡単・リアルにほめられた。便利すぎるからやってみて!


こんには、いくらです。

私はシンプル服が大好きだけど、できれば地味な印象で終わりたくありません。

勝手ですみません笑。

でも、そんな地味服問題を解決できる方法があります。

本記事で紹介する「3色コーデ」です。

この記事はこんな方におすすめ
  • シンプルおしゃれが好き
  • シンプルおしゃれを底上げしたい
  • 異性ウケは不要

私は3色コーデを取り入れてから、職場の女性(複数人)に褒めてもらえることが増えました。

ラクで便利な方法なので、ぜひ参考にしてください。

目次

3色コーデとは

3色コーデとは、「全身に使う色を3色以内に抑えるコーディネートのこと」です。

3色以内を意識するだけで、まとまりのあるおしゃれな印象を作れます。

使う色は、3色以内なら何色でもOK。

3色コーデの詳細、私はこちらの本で理解を深めました。

いくら

超おすすめ本。

多くのファッション本を読んだ中で、一番のお気に入りです!

簡単にできる!3色コーデの具体例

ここからは、私でも簡単にできた具体的な3色コーデの例を紹介します。

おすすめはモノトーン+1色

私おすすめの3色は、「白+黒+好きな1色」です。

理由は、白と黒を固定すると、コーデがとても簡単だから。

どう簡単かというと、毎朝、白黒以外の残り1色だけ、どこに使うか考えればOKです。

適当に組み合わせても、しっくりくる率が格段にあがります。

実際に私は、毎朝全然悩まなくなりました。

私の1色は茶色

私の場合、1色は茶色です。

2019年秋冬は茶色の小物を揃えて「白+黒+茶色」の3色コーデで過ごしています。

白+黒+茶のコーデ例2つ

ここからは、実際のコーデ例を2つ紹介します。

①きれいめ

白のパンツと黒のニット
黒白の服に、茶色の小物で3色コーデ
茶色の小物セット

モノトーンの服に、茶色の小物です。

地味色だけですが、私的には落ち着きます。

職場の女性にも褒めてもらえたので、「ただの地味コーデではない!」と言わせてください。

②カジュアル

黒白ボーダーカットソー、黒スカート、茶色ストール

次はカジュアル。

休日のちょっとしたおでかけ(美容室・趣味の習い事など)でよく着ます。

バッグだけ、黒っぽいリュック(エルベ)に変えることも多いです。

関連記事▼

重要ポイント | 小物は1色で揃えよう 

黒のミニバッグ、靴、手袋、ベルト、モノトーンスカーフ
黒小物セット(きれいめ)

ここからは、小物の重要性を説明します。

先述の 3色コーデとは の中で「全身が3色以内ならOK」と書きました。

でも、小物の色は1色だけで揃えることを激しくおすすめします。

例えば「手袋とバッグは同じ色」がベストです。

なぜなら私の実体験で、小物の色が揃えば揃うほど、簡単に統一感が出るからです。

経験談

黒い帽子、ブーツ、リュック、手袋
帽子・手袋の買い足しで完成した黒セット(カジュアル用)

私は恥ずかしながら、2年前まで小物は、黒と茶色が散らかっていました。

そしてコーデがしっくりこない感じが常にありました。

そこで手持ちアイテムを把握し直し、黒セットに足りないもの・茶色セットに足りないものをそれぞれ買い足しました。(上の写真参照)

買い足しアイテム

具体的には2年計画で、

  • 去年(2018年秋冬)・・・黒の帽子と手袋
  • 今年(2019年秋冬)・・・茶色のストール

を買い足しました。

すると、毎日のコーデの満足度があがりました。

最小限の服で着回すことがポリシーですが、買い足してよかったです。

小物セットが黒と茶色の2組あるだけで、同じ服にも新鮮さを感じるようになりました。

物足りないときは一滴だけ色を足す

白のパンツと黒のニット
モノトーンコーデ
小物もモノトーン

ここからは、地味で物足りない日について書きます。

上の写真のように黒・白・グレイの3色だけのコーデになってしまった日は、さすがにちょっと彩りが欲しくなります。

そんなときは、いつもより赤い口紅をつけます。

コロナならカラフルなマスクですね。

こういうものです。

これで、私は十分です。

ちなみにこのワザ(地味色コーデにポイントを一滴だけ垂らす)は、先述の本 わたし史上最高のおしゃれになる!
と、野宮真貴さんの著書、計2冊から学びました。

一滴は口紅じゃなくて、マニキュアやソックスのラインでも、好きな色なんでもOKです。

まとめ | 3色コーデは超便利

いかがでしたでしょうか。

この記事では、3色コーデの中でも特に

「白+黒+好きな色1色」が悩まなくて簡単!

という説明をしました。

わたしはこの3色コーデで、やりすぎない、そこそこのおしゃれが叶い、満足です。

興味がある方はぜひやってみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事

よければ関連記事もどうぞ!

★2019年春夏ワードローブについて書きました。

★一年間服を買わないチャレンジをしました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

経験から得た衣食住の家事ラク知識などを分かりやすく丁寧に説明します。
ミニマリスト歴は6年です。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次