MENU

【計31着】ミニマリストの服一覧+少ない服を最大限に活用するコツ5つ【40代女性】

こんにちは、服好きなミニマリスト歴5年のいくらです。

この記事は、

  • クローゼットをすっきりさせたい!
  • ミニマリストの服を全部見てみたい!
  • 少ない服でもおしゃれを楽しむ方法が知りたい!

というお悩みを解決する記事です。

本記事後半の「少ない服を最大限に活用するコツ5つ 」を実践すれば、クローゼットをミニマル化できます。

実際に私も、この方法で少しずつ服を減らしてきました。

そして、服を減らし続けて5年目の現在(2021年3月)、オールシーズンのクローゼットはこんな感じです。

ミニマリストの服- 女性40代-クローゼットの写真
(アウター類は除く)

庶民的なクローゼットでお恥ずかしいです!笑

記事前半では私の服一覧について、後半では、『少ない服を最大限に活用するコツ5つ』をご紹介します。

少しでもご参考になったら嬉しいです。

目次

はじめに(おすすめの整理法)

はじめに質問です。あなたは、クローゼットの中でどんな風に服を吊るしていますか?

服一覧を紹介する前に、私のおすすめの方法をを紹介させてください。

いくら

キチンとさをキープしたくなる、不思議なルールなんですよ!

以下の手順です。

STEP
アイテムをカテゴリー別に分ける
STEP
左から「コート→ワンピ→ジャケット→パンツ→スカート→ブラウス」の順にかける。
STEP
カテゴリ内を、左から「重いもの→長いもの→形→素材」で分類して並べる

ここでのポイントは、季節で分けないことです!

参考にしたのは、書籍 『人生がときめく片付けの魔法(改訂版)』です。

著:近藤麻理恵
¥1,089 (2023/02/05 07:19時点 | Amazon調べ)

第2章の中の、『<衣類の並べ方>クロゼットの中にときめき感を仕込む裏ワザ』がものすごく参考になります。

並べ替えるだけなら10分で終わります。ぜひやってみてください。

いくら

ということで、本記事も、上記の整理順で紹介していきます!

コート類5着

ミニマリストの服- 女性40代-コート5着の写真

コート類は5着です。

5着の理由は、「夏以外に必要な、最低限の数だから」です。

以下のように、基本、寒さ別で使い分けます。

1. 真冬の1着

  • ロングダウン【紺】

2. 初冬・晩冬の2着

2着の使い分けは以下のとおりです。

  • 仕事・おでかけのとき・・・トレンチコート【カーキ】
  • 休日・・・ショートダウン【カーキ】

初冬・晩冬はオンオフ兼用が難しく、2着あります。

3. 春・秋の1着

  • ボアベスト【グレー】

ボアベストは、家でも着れて重宝してます!

こちらの商品です。

(Amazonリンク)(ジムフレックス)Gymphlex くるみボタンボアベスト

4.大雨のとき

  • レインコート【黒】



コート類計5着の紹介は以上です。

改善したい点

コート類で改善したい点は、色がバラバラなことですね・・。本当は黒で統一したいので、これから少しずつ入れ替え予定です。

オールインワン2着

ミニマリストの服- 女性40代-オールインワン2着の写真
オールインワンは、計2着です。

2着の理由は、「真夏に必要な最低限の数だから」です。

ゆったりワンピやサロペットは、風が抜けて涼しいので必須アイテムです。

2着の使い分けは以下のとおりです。

  • 仕事・おでかけのとき・・・ワンピース【ベージュ】
  • 休日・・・サロペット【黒】

ワンピは、他の仕事着(ワンピ以外)とローテーションするので1着でOK。

サロペットは、土曜の夜に洗い、日曜朝からまた着るので1着でOK。

よって、1着ずつで不自由はありません。

ちなみに、サロペットはパタゴニアのものです。かしこまった場所以外どこでも対応できて重宝します。

クライムスワールド 楽天市場店
¥16,980 (2023/02/05 07:19時点 | 楽天市場調べ)

ジャケット・羽織り類5着

ミニマリストの服- 女性40代-ジャケット類5着の写真

ジャケット類(パーカー・カーデ含む)は、計5着です。

5着の理由は、「1シーズンの着回しに必要な、最低限の枚数だから」です。

以下のように使い分けます。

1. 冬の1着

  • ウールジャケット(夏以外OKの素材感)【黒】

2. 春・秋の2着

2着の使い分けは以下のとおりです。

  • 仕事・おでかけのとき・・・薄手メリノウールのV襟カーディガン 【黒】
  • 休日・・・中厚手メリノウールのパーカー 【黒】

薄手のメリノウールは夏以外OKの素材感なので、服を増やしたくない方に超絶おすすめです。

パーカーは、お気に入りを4年着ています。

(関連)アイスブレーカーのリアルフリースパーカーについて

3. 夏の2着

2着の使い分けは以下のとおりです。

  • 仕事・おでかけのとき・・・コットシルクの薄手ジャケット【チャコールグレー】
  • 休日・・・コットンの丸襟カーディガン【白】
いくら

本当は「春・秋の2着」の羽織りと兼用で乗り切りたいのですが、暑くてムリなので分けました笑。

ボトムス6着

ミニマリストの服- 女性40代-ボトムス6着の写真

ボトムは年間で計6着です。1シーズンに2着を、交互に履きます。

後述のトップスは計13着なので、約半分の数です。

年間ボトムスが超少数の理由は・・・、「ボトムスは誰も見ていないから」です。

(詳細は後述の「コツ2.減らすべきはボトムス」参照)

以下のとおり、素材で使い分けます。

1. 冬の2着

  • 厚手ウールパンツ・・・色違いで2枚【黒】【グレーのチェック柄】

グラミチのものです。オンオフ両用の優等生。気に入って、2本揃えました。

(Amazonリンク)[グラミチ] ロングパンツ WOOL

ウールが暖かい。アウトドアブランドなので動きやすい。でもきちんと見えます!

2. 春・秋の2着

オンオフ兼用で、以下を着回します。

  • 中厚手ウールのパンツ (スーツの下)【黒】
  • 厚手コットンのパンツ【白】

3. 夏の2着

オンオフ兼用で、以下を着回します。

  • コットン・リネン混紡の黒スカート【黒】
  • 薄手コットンのパンツ【ベージュ】

ボトムス6着の紹介は以上です。

かぶり型トップス9着

ミニマリストの服- 女性40代-かぶり型トップス9着の写真

ここからはトップスの紹介です。かぶり型トップスは、年間で計9着あります。

9着の理由は、「1シーズンに着回す枚数が3〜4着だから」です。

極論、「1シーズン2着」でも足ります。
でも自分の楽しみのために、ちょっと多めでOKとしています。

使い分けは以下のとおりです。

1. 冬の3着

オンオフ兼用で、以下を着回します。

  • 厚手メリノウールのタートルニット【ボルドー】
  • カシミヤの中厚手タートルニット【グレー】
  • カシミヤの中厚手Vネックニット【グレー】

メリノウールやカシミヤは、軽くて暖かくて、永く着られます。

2. 春・秋の4着

オンオフ兼用で、以下を着回します。

  • 薄手メリノウールのリブ編みタートルニット(色違いで2枚)【黒】【白】
  • 薄手メリノウールのリブ編みクルーネックニット【黒】
  • 長袖コットンカットソー【黒×白ボーダー】

メリノウールは天然のエアコンと称されます。暑くても寒くても快適なので、季節の変わり目も活躍します。

3. 夏の2着

オンオフ兼用で、以下を着回します。

  • 半袖コットンカットソー【黒】
  • 半袖コットンカットソー【ボルドー】


かぶり型トップス計9着の紹介は以上です。

改善したい点

今後改善したいのは、秋・冬のニット類です。

まずカシミヤニット2着は、買い替えか純減予定です。理由は5年着て、さすがに飽きました。そしてシルエットがちがう感もあります。

次にリブ編みの薄手タートルニットも買い替え予定です。ユニ●ロ製ですが、1年で伸びる・くたびれます。

高くても長持ちるすブランドを探し中です。

シャツ型トップス4着

ミニマリストの服- 女性40代-シャツ型トップス4着の写真

ここからは、シャツ型トップス計4着の紹介です。

前の項の「かぶり型トップス計9着」と比べて少ない理由は、「着るのは春・夏だけだから」です。寒がりなので、秋冬はニットしか着ません。

使い分けは以下のとおりです。

1. 夏の2着(仕事用)

仕事用として以下を着回します。

  • 麻のゆったりシャツ【青白ストライプ】
  • コットンシャツ【白】

2. 真夏の1着(休日・在宅勤務用)

冷房対策に、休日・在宅勤務専用羽織として以下を着ます。

  • デニムシャツ【水色】

3. 春夏の1着(フォーマル用)

ややかしこまった時は、以下を着ます。

  • ポリエステルのとろみブラウス【白】



シャツ型トップス計9着の紹介は以上です。

改善したい点


シャツ型トップスで改善したいのは、ブルー系シャツです。

理由は、私のテーマカラー(黒・白・茶色)ではないから。更新したいのですが、まだ着られるし、悩み中です。。

以上、私の服一覧、計31着のご紹介でした。

少ない服を最大限に活用するコツ5つ

ここからは、「少ない服を最大限に活用するコツ5つ」の紹介です。

私が実践して、簡単・即効性があるものを厳選しました。

少ない服を最大限に活用するコツ5つ
  1. 仕事着と休日着を分けない
  2. 減らすべきはボトムス
  3. 3色ルールを守る
  4. 小物の色を揃える
  5. 春・秋物は多く買わない

順番に説明します。

1.仕事着と休日着を分けない

仕事着と休日着は、分けません。
効果は、『週2日しか着ないのに持っている服』を減らせます。

特にゆるめのオフィスカジュアルの方は取り組みやすいと考えます。

実際に私は、下の写真2枚のコーデで会社も行くし、休日に美容室やデパートにも行きます。

ミニマリストの服- 女性40代-トレンチ・黒ニット・黒系パンツの写真
休日も仕事も分けないコーデ例1
水色シャツと白色パンツの写真
休日も仕事も分けないコーデ例2

特に居心地の悪さは感じません。

2.減らすべきはボトムス

服を減らしたい場合、ボトムスを少なめにしましょう。理由は、誰も見ていないからです。笑

※詳しく知りたい方は、書籍 わたし史上最高のおしゃれになる!  のP100(ボトムスは少なめでOK) を読んでみてください。

(Amazonリンク)わたし史上最高のおしゃれになる!

実際に私も、堂々と1シーズン2着で回すようになってから、本当にラクになりました。

まだの方は、ぜひやってみてください。

3.3色ルールを守る

ここからは、コーデのコツです。

クローゼットの中をできるだけ「自分で決めた3色」に収めると、コーデがとっても簡単になります。

3色以内のコーデなら、適当に合わせてもちぐはぐにならないからです。

実はこのコツ、私はまだ極められていません。

クローゼットの中は6色くらいあります。ワードローブをアップデートする時に意識して、少しずつ3色に近づけています。

関連:3色コーデについて

4.小物の色を揃える

小物(靴、帽子、手袋、ベルト等)は、3色ルールの中の1色で揃えましょう。小物の色が揃っていると、おしゃれに見えるからです。

実際に私は、上の写真のように黒のセットで統一するようにしています。無難だけどそれで良いのです。

ちなみに手袋は今季、やっと黒に買い替えました。それまで手袋だけ茶色で、落ち着きませんでした。統一すると、やはり満足度が違います!

楽天1位のこちらのものです。
シンプル・色が豊富・お値段も高すぎずおすすめです。


(楽天リンク)「職人ハンドメイド」レザー手袋

5.春・秋物は多く買わない

最後のコツです。春・秋物を多く買うのはやめましょう。

理由は、冷静に考えると

  • 春=4月だけ
  • 秋=10月だけ

だからです。

1年の間で1ヶ月しか着ない服(春用パステルカラーのニットや、秋用コーデュロイのパンツ等)を多く持つのは、ミニマルクローゼット的には賢明ではありません。

対策としては、「春も秋も着られるシャツ・トレンチ・カットソー等で乗り切る」のが吉と考えます。

1ヶ月だけのガマンなので。

・・・とはいえ、春・秋っておしゃれしたくなりますよね!

実際、私は今年の春(2022年3月)、きれいな色が着たくてたまらなくなりました。

そこでとった対策が、エアークローゼット  (月額制のお洋服レンタル)です。

初回50%OFFの3着3,000円台のキャンペーンを試した結果、「パステルカラーを着てみたい・・・!」という欲を、コスパ良く満たすことができました。

ミニマリストの服- 女性40代-エアークローゼットで届いた服の写真
引用:エアークローゼットのサイト
ミニマリストの服- 女性40代-エアークローゼットの服が届いた写真
実際に届いた服

注文の時に要望を書けるので、「きれいな色を希望します」とざっくりとリクエストしたところ、
期待通りの服が届きました。

服を増やしたくないけどマンネリ対策したい!という方は試す価値があります。ぜひご検討ください。

\初月50%OFFキャンペーン中/

(公式ページ)エアクロ



※以上、コツ3〜5はすべて、書籍 わたし史上最高のおしゃれになる! 第2章「コーディネートを学ぶ」を参考にしています。

(Amazonリンク)わたし史上最高のおしゃれになる!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では、

  • ミニマリスト歴5年の私の服一覧(31着)
  • 少ない服を最大限に活用するコツ5つ

をご紹介しました。

コツ5つのおさらいです。

少ない服を最大限に活用するコツ5つ
  1. 仕事着と休日着を分けない
  2. 減らすべきはボトムス
  3. 3色ルールを守る
  4. 小物の色を揃える
  5. 春・秋物は多く買わない

ひとつでも実践して、ミニマルなおしゃれを楽しんでください!

最後までお読みいただきありがとうございました。

以下、関連記事です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

経験から得た衣食住の家事ラク知識などを分かりやすく丁寧に説明します。
ミニマリスト歴は6年です。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次