いくらさんが、減らした

ほどほど系ミニマリストが、衣食住のお役立ち情報をお届けします。

【写真多め解説】簡単ピニャータの作り方【半紙+でんぷんのり使用】

最終更新日:2020/11/3

完成したピニャータの写真
完成したピニャータ

この記事は、


  • ピニャータの作り方が知りたい!

  • しかも一番簡単な方法がいい!


というあなたの関心に、私いくら(ikra)の実体験でお答えします。


検索するとたくさん出てくる「新聞紙と水溶き小麦粉」よりも、
この記事で紹介する
「半紙とでんぷんのり」を使う方がだいぶラクチンでおすすめです。
どうぞお役立てください。

 

 

 

要点

この記事の要点をまとめると、以下のとおりです。


  • ピニャータを作るタイミングは、壊す日の3日以上前がおすすめです。

  • 材料はすべて100均で揃えられます。費用は1000円前後です。

  • やることは、大きく分けて下の表の4ステップです。



STEP やること 所要時間
1 材料準備
2 ピニャータ本体を作る・乾かす 計2日間
3 ピニャータを飾り付ける 30分
4 ピニャータで遊ぶ(壊す) 15分〜


次から詳しく解説します。


STEP1.ピニャータの材料を準備する

ピニャータの材料(半紙、でんぷんのり、風船)の写真
ピニャータの材料

最初に、ピニャータの材料を準備します。家にあるものでいいですし、なくても全て100均でそろいます。


(材料一覧)
(※)費用が「−」のものは、家にあったので買っていません。

No. 品名 費用(※)
1 半紙 100円
2 でんぷんのり 3本入り 100円
3 風船 1個 100円(9個入)
4 お菓子 600円分
5 色画用紙: B 5サイズ3枚
6 折り紙 :黒白各1枚
7 はさみ -
8 角バット -
9 ココット皿 など -
10 紐(ピニャータ吊り下げ用) -
11 千枚通しなど(ピニャータに穴あけ用) -
12 棒(ピニャータを壊す用) -
13 目隠し -
900円



お菓子について、テトラパックは要注意

今回買ったお菓子は、下の2種です。


  • アポロ+マーブルチョコのテトラパック

  • 個包装のグミ


1つ注意があります。

テトラパックは、
ピニャータを壊すときに袋が割れて、チョコが出てきました。 そのためおすすめできません。お気をつけください。

※下のリンクのような三角錐の形をしたものです。



反対におすすめは、空気が入っていない個包装のものです。
以下リンクのようなタイプですね。


(Amazonリンク)チロルチョコ バラエティパック

(Amazonリンク)チロルチョコ バラエティパック

材料については、以上です。


STEP2.ピニャータ本体を作る

材料がそろったら、ピニャータ本体を作ります。


以下詳細です。

1.風船をふくらませる

ピニャータ用の、青い風船の写真
風船を膨らませます
風船を膨らませ、固定するためにココット皿等(小さい深めの皿)の上に置きます。 お皿の上に置くことで、風船が動かず紙が貼りやすくなります。

2.半紙を1/4の大きさに切ります。

半紙を10枚くらい、1/4の大きさに切ります。

3.角バットにでんぷんのりを出し、水で溶きます。

角バットに入ったでんぷんのりと水の写真(溶かす前)角バットに入ったでんぷんのりと水の写真(溶かした後)
写真左=溶かす前 、写真右=溶かした後
角バットにでんぷんのりを出し、水で溶かします。


  • のり10cmに対して、大さじ1くらいの水

の濃度がちょうどよかったです。


なお上の写真では、


  • のり10cm☓3本に対して、水大さじ3 

の量で作りました。
※足りなくなったら同じ割合で追加してください。

4. 上記「2」 で切った半紙を、「3」の水溶きのりに浸します。



5.「4」の半紙を、風船に隙間なく貼り付けます。

風船に、風船に隙間なく貼り付けた写真
半紙を隙間なく貼り付けます
半紙を、風船にどんどん貼っていきます。


途中で半紙が破れても、しわしわでも大丈夫です。気にせず続けてください。
後で上から更に飾りを貼るので見えなくなるからです。


ここまで、計15分くらいの作業です。

6.風船を乾かす

風船をそのまま放置し、乾かします。 今回は、


  • 湿度50%前後の室内で5時間

くらいかかりました。

7. 上記「4」〜「6」を、あと2回(計3回)繰り返す

半紙を貼って乾かす、を3回終えた風船の写真
半紙を貼って乾かす、を3回繰り返した状態
「6」で紙が乾いたら、「4」〜「6」をあと2回(計3回)繰り返します。


※乾かす時間が長いので、1日では完成しないと思われます。


上の写真が、すべて完了したところです。
紙に厚みが出てしっかりしているのが、写真からも伝わるでしょうか??


「STEP2.ピニャータ本体の作り方」は以上です。お疲れ様でした!


STEP3.ピニャータを 飾る

ピニャータ本体が完成したら、装飾していきます。


今回はモンスターズインク風(あくまで雰囲気です・・・)に、以下のように飾りました。

1. 色画用紙3枚を、 幅10 cmくらいにカットします。

B5色画用紙3枚を、 幅10 cmくらいにカットした写真
B5色画用紙3枚を、 幅10 cmくらいにカット

まずB5サイズの色画用紙3枚を、 幅10 cmくらいの縦長にカットします。


そして上の写真のように、フリンジ(上の方は切らない)を作ります。(子どもがカットしたものは、だいぶ太くなりました。。)


色画用紙はネットでも買えますね。こういうものです。


(Amazonリンク)オキナ 色画用紙 50色 HP3435

(Amazonリンク)オキナ 色画用紙 50色 HP3435

2.フリンジを風船に貼り付ける

フリンジを風船に貼り付けた写真
フリンジを風船に貼り付けます
上記「1」のフリンジを、風船の結び目の部分(上)から順に貼り付けて行きます。
このとき、でんぷんのりは水溶きしません。 原液でしっかり貼り付けます。

3.目と口を貼り付けます

完成したピニャータの写真
目と口を貼り付けます
折り紙で目と口を作り、貼り付けます。
お好きなやり方で楽しんでいただけたらいいと思います。


参考までに私のやり方ですが、


  • 白目=ちょうど折り紙(白色)一枚分の直径になるようにコンパスで円を描き、切り取りました。

  • 黒目=折り紙(黒色)に、白目よりふた回りくらい小さい円をコンパスで描き、切り取りました。

  • 口=黒目を切り取った後の余り折り紙を、フリーハンドでスマイル型に切りました。


となります。


このときも、でんぷんのりは原液でしっかりと貼り付けます。


ピニャータ本体の飾り付けは以上です。次は風船を割って、お菓子を詰めます。

4.風船を割り、くす玉から剥がします。

まず、風船を割ります。
割り方は、


  • 風船の結び目のあたりをハサミで切ればOK

です。
パン!と割れたりはしません。


そして、切れ目が入った風船はピニャータに張り付いているので、きれいに剥がします。



5.お菓子を詰めます。

ピニャータの中に入ったお菓子の写真
ピニャータの中にお菓子を入れます
空洞になったピニャータに、お好みのお菓子を詰めます。
上の写真のような感じです。


6. 吊り下げ準備

次に、ピニャータを吊り下げる準備をします。


方法は、以下のとおりです。


  • ピニャータ上部に、4箇所(目安)穴を開けます。(私はプラスドライバーを使用しました)
  • 開けた穴に、紐を通します。(私は麻ひも使用しました)
  • 高いところに吊り下げます。( 我が家は 良い場所がなくて、鴨居にふとんばさみ2個で固定しました。絵的には残念な感じです。。)

以上でピニャータの完成です。お疲れさまでした!


しばらく飾るのがおすすめ

せっかくできたピニャータを、すぐ壊すのは惜しいですよね?


その場合は、ここまでを壊す日の前日までに終わらせて、しばらく飾っておくのがおすすめです。


飾っている間、子どもも大人もワクワクが高まり、楽しいですよ!



STEP4.ピニャータを壊す

ピニャータを壊すイラスト

次に、いよいよ壊し方です。

1.目隠しをする

子どもに目隠しをします。


手ぬぐいや、フェイスタオルでよろしいかと思います。

2.ピニャータを叩く

用意した棒で、ピニャータをバシバシ叩きます。


なかなか割れないと思います。
が、子どもは喜んで壊し続けるはずですので、応援しつつ見守ります。

3.なかなか割れない場合

今回、子ども一人で15分頑張って壊しても、なかなか割れませんでした。


そこで、割れやすくするために以下の順


  • 目隠しを取る
  • カッター等でピニャータに数箇所切り込みを入れる
  • 棒を代える(プラスチックの刀からバドミントンラケットへ・・・)

でどんどん壊れやすくなるように対応しました。


結局、バドミントンラケットで数回叩いて、やっと割れました。

4.ピニャータが割れたら、お菓子を拾う!

ピニャータが割れてお菓子が出てきた写真
ピニャータが割れました!
ついにピニャータが割れたら、お菓子を拾います。ここでも子どもはキャッキャと喜びます。


上の写真が、ピニャータが割れた状態です。
(ちなみに、左奥の赤い棒を使って壊しました。忍者の刀です。)

以上がピニャータの 遊び方、壊し方です。


以下からは、うまく作るコツや注意点をまとめました。


ワンポイント

この項では、うまく作るコツや注意点のまとめます。

本体の飾り付けについて

色画用紙の幅は今回10cmにしましたが、もっと短いほうがフサフサ感が出そうです。次回試して変化があったら追記します。

乾かす時間について

ピニャータは紙を貼った後、乾かす時間が必要です。
壊す日の3日前からの作業開始でちょうどよかったです。
(※前日慌てて作成、というのは不向きと思われます 。お気をつけください。)

「半紙とでんぷんのり」のいいところ

この記事冒頭で書いた、「半紙とでんぷんのり」が 「小麦粉と新聞紙」よりおすすめである理由を簡単にご紹介します。


  • のりの 水溶きのとき、周囲が汚れにくい(粉飛びがないので)
  • 貼り付けのときも周囲が汚れにくい

  • 半紙は、新聞紙より切るのがラク (新聞紙は大きくて、短冊にきるのが大変 でした。 半紙は、二回切ればOK です!)

  • 半紙は、貼り付けがラク (カット後の紙が手のひらサイズだから)

  • 乾かす時に 小麦粉が垂れない(床が汚れない


ということで、 (貼って乾かすことを 3回繰り返す必要はあるけれど) 総合的には「半紙とでんぷんのり」の方が楽だと感じました。

※小麦粉のりなら、貼り付け作業は一回 で済みます。
でも 乾燥に時間がかかるので、トータルの所要時間は 変わらないと思います。

参考サイト

今回のピニャータ作りは、以下サイトを参考にしました。 この場を借りてお礼申し上げます。
【参考リンク】
ハロウィンパーティで1番盛り上がる♪ピニャータ作ってみました♪ - 暮らしニスタ


まとめ

この記事では、私いくら(ikra)おすすめの、「簡単ピニャータの作り方」をご紹介しました。


粗いモンスターズ・インク(風)でも、子どもは十分に喜んでくれました。


誕生日、ハロウィン、クリスマスなどなどのパーティーで、ぜひお気軽にピニャータを作ってみてください!


最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 


ブログ村ランキングに参加しています。
にほんブログ村 インテリアブログ 狭い部屋インテリアへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(30代女性)へ
にほんブログ村

関連記事

子ども関連では以下記事も書いています。


よければ一緒にご覧ください。


【Amazonプライムビデオ】安心して見せられる、子供向け良質作品8選 www.ikra-orange.com