いくらさんが、減らした

ほどほど系ミニマリストが、衣食住のお役立ち情報をお届けします。

10分でできる、ダーニングで手袋補修のやり方。これでまだまだ使えます。

指先を水色でダーニングした紺色の手袋の写真

指先をダーニングした手袋

こんにちは、いくら(ikra)です。


この記事では、先日夫のニット製手袋をダーニングで補修した方法をご紹介します。

 

10分くらいで簡単にできましたので、初心者さんにもおすすめです。

どうぞご覧ください。

 

材料・道具

始めに、使用した材料・道具です。

①編み物毛糸(中細ウール)
青い毛糸の写真
毛糸の成分表示の写真
ハマナカ毛糸

毛糸は、手持ちの中で手袋本体に一番近い太さ・素材のもの(中細ウール)を使いました。

 

糸情報の詳細は、下表のとおりです。

商品名 ハマナカ 純毛中細 毛糸
Amazonリンク https://amzn.to/2V7SeZf
Amazon参考価格
(2020/2/22現在)
¥539
糸の素材 ウール100%

 

 

②Clover とじ針 No.15
Cloverとじ針 No.15の写真
毛糸を通した針の写真
Cloverとじ針 No.15

中細ウールに対応する針としてのおすすめは、「(Amazonリンク)Clover とじ針 No.15」です。

 

手持ちの本「(Amazonリンク)愛らしいお直しダーニングで大好きな服がよみがえる」でおすすめされていた組み合わせです。

 

実際100均の毛糸針と使い比べると、針穴が大きいし長さもあるので、毛糸にも使いやすいです。

 

 

③指先に合った太さの棒状のもの
中指の先に大きな穴があいた手袋の写真
コロコロクリーナーの持ち手と穴があいた手袋の写真
コロコロクリーナーの持ち手を使いました

最後の道具は、「手袋指先の太さに合った棒状のもの」です。

ダーニングマッシュルームの代わりです。

 

私は今回、コロコロクリーナーの持ち手がちょうどいいサイズでした。

 

では以下から、補修のやり方です。

 

 

 

STEP1:穴部分を固定します

手袋指先の大きな穴の写真

穴を固定します

手袋に棒を入れ、指先をゴムで固定します。

これで作業がやりやすくなります。

 

 

STEP2:たて糸と横糸を通します

次は、基本のダーニングです。 

たて糸は10回通すくらいで終わりました。

(写真は取り忘れました。すみません。)

 

やり方を知りたい方向けに、クロバーさんの動画を貼っておきます。

全3分30秒くらいです。


クロバー ダーニングマッシュルーム 基本のダーニング

 

 

 

STEP3:糸始末をします

たて糸と横糸を通し終わったら、基本の糸始末をします。

(こちらも写真なしです。すみません…)

 

やり方を知りたい方向けに、こちらもクロバーさんの動画を貼っておきます。

 

上(STEP2)で貼った動画と同じものですが、3分00秒あたりからが糸始末の方法です。

 

(▼糸始末は、3分00秒あたりから)


クロバー ダーニングマッシュルーム 基本のダーニング

 

 

 

 完成 

指先をダーニングした紺色の手袋の写真

ダーニング完了

ダーニング完了した状態が、上の写真です。

 

手袋本体と比べるとちょっと毛糸が太かった感がありますが、自分的には許容範囲です。

夫も普通に使ってくれています。

 

捨てようかと思っていた手袋ですが、愛着が何倍も蘇りましたー!

 

 

 

ワンポイント

特に難しいことはなかったという感想ですが、失敗しないためのコツとしては、

  • 指先に丁度いい、ダーニングマッシュルーム代わりのものを見つけること。
  • 指先はゴムで固定すること。
  • 手袋の糸と近い太さ・質感の毛糸を使うこと。

が上げられます。

 

 

ニッティングスレダーが超便利

ニッティングスレダーの写真

便利なニッティングスレダー

おまけでひとつおすすめしたいのが、ニッティングスレダー(毛糸専用の糸通し)です。毛糸通しが、かなり簡単にできます。

 

今回 試しに買ってみたのですが、作業が体感で2倍くらいはかどりましたのですごくおすすめできます。

 

こちらのものです。

(Amazonリンク)Clover ニッティングスレダー

(Amazonリンク)Clover ニッティングスレダー 

 

(以下補足)

手持ちの本「(Amazonリンク)愛らしいお直しダーニングで大好きな服がよみがえる」の付録にも普通の糸通し(こういうものです→(Amazonリンク)Clover スレダー 2枚入り)が付いていましたが 針金部分がすぐ壊れてしまいました。毛糸を通すには弱すぎる作りなのかと思います。買い直しても同じでした。その点、上記ニッティングスレダーは穴が大きく丈夫な板状なので、壊れにくそうと期待しています。

 

 

 

10分でできる、ダーニングで手袋補修のやり方(まとめ)

この記事では、10分でできる手袋のダーニング方法についてご紹介しました。

 

毛糸が太めだと、ダーニングが早く終わるしアラが目立たないし、いいことばかりです。初心者さんにもおすすめできます。

 

穴があいた手袋があったら、ぜひお試しください。

 

 

今回使用した道具一覧

 

(Amazonリンク)ハマナカ 純毛中細 毛糸 中細

 

(Amazonリンク)Clover とじ針 No.15 5本入り 

 

(Amazonリンク)Clover ニッティングスレダー 

 

 

以上です。最後までお読みいただきありがとうございました。