いくらさんが、減らした

ほどほど系ミニマリストが、衣食住のお役立ち情報をお届けします。

ブランドストーンを長く大事に履くための、シンプルお手入れ方法8選

ブランドストーン手入れ後の写真

こんにちは、ブランドストーン愛用歴4年のいくら(ikra)です。


この記事は、

  • ブランドストーン、日常のお手入れ方法が知りたい!
  • 履きはじめのお手入れ方法が知りたい!
  • 必要な道具はどんなもの?
  • 簡単お手入れで長く履きたい!

というあなたに向けて書きました。

ネットには革靴のお手入れ方法がたくさんありますが、
私は「やりすぎなくてOK」派です。

基本的に履いた後のブラッシングと、月一程度クリーム1種類を塗るだけです。

それに加えて、雨や特別の汚れのときだけ、追加のケアをします。


それで上の写真の状態です。
痛みや劣化はありません。

そのため、人様にもおすすめできる方法だと自負しています。
詳しくは本文をどうぞ!

 

 

 

(前提)私がブランドストーンに求めること

はじめに、私がブランドストーンに求めることをお伝えさせてくださいね。

以下3つです。


1. オフィスカジュアルでも使用したい。(=清潔感大事)

2. 適切なお手入れで長持ちさせたい。

3. でもなるべく簡単な手入れがいい。

 

つまり、

× ワークブーツとしてガンガン履いて味を出したい

× くたびれた感じがいい

という方には参考になりません。

 

以上共感してくださる方だけ、この先も読み進めてくださればと思います。

 

 

1.履き始め

まず、履き始めですね。ブランドストーンを買ったばかりのあなたへ。

 

私は履く前に、万能の革用クリーム「ラナパー」を塗りました。

ブランドストーン手入れ クリーム(ラナパー)の写真

理由は、「新品の革靴は乾燥しているから」です。

 

そこで履く前に、ラナパーで潤いを与えるのがおすすめです。

 

なぜ数あるクリームの中でラナパー推しなのかというと、
これ1つでOKだからです!撥水効果も増しますよ。

 

(Amazonリンク) ラナパー 100ml

ラナパーの便利さはこちらに書いています。
(あわせて読みたい)
 

2.履いた後

次は、履いた後、毎回のお手入れです。
合計30秒で終わります。

 

STEP1.ブラッシング

ブランドストーン手入れ うまげブラシの写真

履いた後は毎回、馬毛ブラシでブラッシングします。(片足10秒)

 

理由は2つです。

 

①革の乾燥を防止したいから。

 

革表面のホコリは、油分を奪います。

またブラッシングには、
ホコリをはらうだけでなく、
革の奥の油分を表面に呼び起こしてくれる効果もあるそうです。

ということで、乾燥防止にはブラッシングです。

 

 


②ゴアやコバの砂埃を取りたいから。

 

ゴアやコバ(革と底の間の部分)は、砂埃で薄汚れやすいです。

 

具体的には、ゴアのこことか↓

ブランドストーン 汚れたゴアの写真



コバのこことか↓

ブランドストーン コバの写真

 

毎回のブラッシングで、砂埃がたまるのはある程度防げます。

 

※それでもとれない場合は、項6「ソールやゴアの砂埃が取れない」をご覧ください。


そんなわけで、ブラッシングは習慣化しましょう!
おすすめブラシこちらです。


(Amazonリンク)[コロニル] 汚れ落とし 馬毛ブラシ

 

STEP2. シューキーパーを入れる

ブランドストーンとシューキーパーの写真

ブラッシング後、木製のシューキーパーを入れます。

 

理由は、「甲部分の横ジワを伸ばしたいから」です。

 

シューキーパーは、わりと最近(履いて3年目くらい)、使い始めました。

 

でも実は、もっと早くから使えばよかった〜、と後悔してます。

 

なぜなら大雨のとき、こんな感じで靴下が濡れるようになったからです。

 

横ジワ部分だけ濡れてます・・↓

ブランドストーン 靴下が濡れた写真

 

私と同じ目に合わないように、早いうちからのシューキーパーをおすすめします。


どれがいいか迷っちゃう、という方は、よかったら私と同じものをどうぞ。


そこそこのお値段で、特に不満なく使えていますよ。

 

(Amazonリンク)  シューキーパー型崩れ防止

 

※素材はプラより木製がおすすめです。(理由は省略、各自お調べください)
 
日常的なお手入れは、これだけです。
 
 
 

3.月1のクリーム

ブランドストーン手入れ クリーム(ラナパー)の写真2

 

項2のお手入れに加えて、月1程度、先述の「ラナパー」を塗ります。

 

目的は以下4つです。

  • 汚れ落とし
  • 撥水効果
  • 革への栄養補給
  • 自然な艶

すべてがラナパー1本でOK、という点が最高です。

 

(再掲)(Amazonリンク) ラナパー 100ml

 

 

4.雨の日(履く前)

続いて、雨の日のお手入れです。

 

本降りの場合

ブランドストーン手入れ 防水スプレーの写真

まず本降りの場合。

 

ブランドストーンは撥水革ですが、大雨だと濡れます。

お気をつけください(経験談)。


対策として「出発前に、防水スプレーを2回」振ります。

そうすれば、靴の中は濡れません。

 

※詳細は以下で書いています。

 

(あわせて読みたい)

ブランドストーンを大雨で履いた結果(注意点と教訓)

www.ikra-orange.com

 

 

わたし愛用の防水スプレーはこちらです。

[コロニル] 【防水スプレー】

 

 

 

小雨の場合

次に小雨の場合ですが、特になにもしません。

 

月1ラナパーの撥水効果で、安心して出かけています。

(再掲)(Amazonリンク) ラナパー 100ml

 

 

 

5.雨の日(履いた後)

次は、濡れた後の話です。

 

大雨の場合

防水スプレーを振っても、靴の中が濡れてしまうレベルの大雨はあります。


年に1回程度ですかね。


そんなときは・・・

  • まず、靴の中に新聞紙等を入れて、よく乾かす
  • 次に乾いたら、ラナパーを塗る

というお手入れで、
濡れたあとの乾燥・雨水汚れをリセットします。

ちなみにラナパーは、防カビ効果もありです。

(再掲)(Amazonリンク) ラナパー 100ml

 

 

小雨の場合

小雨の場合は、特別なケアはしません。

屋内に入ったら、なるはやで水滴を拭き取るようにしているくらいです。

 

 

以下からは、特別編です。

困ったときだけのケアになります。

 

 

 

 

6.ソールやゴアの砂埃が取れない

タウン以外に行くと、ブラッシングしても、
ソールやゴアの砂埃が取れないことがあります。

 

そんなときは、「ジェイソンマーク」という革OKのシューシャンプーがおすすめです。

 

(Amazonリンク)[ジェイソンマーク] シューケア キット

 


具体的には、赤丸のような砂埃が

ブランドストーン 汚れたゴアの写真



これくらいきれいになります。

ブランドストーン きれいなゴアの写真

 

 

泡は水で流さず、拭き取るタイプの洗剤です。

ブランドストーン ジェイソンマークの写真

※上の布の汚れは、拭き取った靴の汚れです。

 

ちょっとで泡立つのでなかなか減らないところも気に入っています。

 

(Amazonリンク)[ジェイソンマーク] シューケア キット

リンク

 

 

 

7.革の泥汚れが取れない

革本体の汚れが取れないことも、たまにあります。
(キャンプの泥汚れとか。)

 


ブランドストーンの公式サイトでは水洗いをおすすめしていますが、
私には、それでもとれないときがあります。

 

そんなときは先ほどの「ジェイソンマーク」で泡洗いがおすすめです。
時短で超サッパリします!

 

下の写真右が、「ジェイソンマーク」使用後です。

左と比べて、つま先がきれいになりました。

 

泥んこのにも、「ジェイソンマーク」おすすめです。

 

(再掲・Amazonリンク)[ジェイソンマーク] シューケア キット

 

 

 

 

 

8.特にくたびれが気になるとき

最後です。

 

これは、私も4年間で2回くらいしかやっていないので、参考程度に。

 

月1のラナパーだけだと、艶が物足りなく感じることがあるかもしれません。

 

また、革のこすれが気になることもあるかもしれません。
ラナパーは透明なので。

そんなときは、色付きのシュークリームで補色をします。

 ブランドストーンとシュークリームの写真

 

今回記事を書くにあたり、せっかくなので久しぶりにやってみました。

 

合計20分くらいかけました。

 

結果は以下です。

ブランドストーン手入れ後の写真2

右のみシュークリーム使用

 

 

ブランドストーン手入れ後の写真3

両足完了後

自分的には、20分に見合った効果がありました!

 

ツヤツヤだし、革のこすれが気にならなくなり、
生まれ変わったんじゃない!?くらいに思えました。

 

はやく履いて出かけたくなったという点で、

仕事やおでかけにポジティブな影響を与えてくれると言えるでしょう。

 

ただ、わざわざ道具を揃えるかはお好み次第かなあと思います。
時間と心に余裕があって、やりたい!というならおすすめです!


参考に、我が家の道具(夫の手持ち)をご紹介しますね。

 


まず、シュークリームはこちら

 

(Amazonリンク)[コルドヌリ アングレーズ] ビーズワックスクリーム

 

 

次に、クリームを塗るための小さいブラシはこちら

 

(Amazonリンク)[M.モゥブレィ] 手を汚さないクリーム塗布用ブラシ 

 

 

 

最後に、余分なクリームを磨き伸ばすための豚毛ブラシはこちら

 

(Amazonリンク)[コロンブス] 国産シューズブラシ 豚毛

 

以上になります。

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

この記事では、ブランドストーンのお手入れ方法を場面別に、
8パターンご紹介しました。

 

おさらいです。

 

1. 基本的には、

●履いた後=ブラッシングシューキーパー

●雨の日=防水スプレー

●月イチ=ラナパー

だけでOKです。

 


2.取れない汚れがあるときは、

ジェイソンマークのシューシャンプー

 

3,とくにくたびれたときは、

色付きシュークリーム

 

を検討するといいと思います。

 


(紹介アイテム一覧)

品名

(クリックでAmazonリンク)

目的

ラナパー 

汚れ落とし

撥水効果

革への栄養補給

自然な艶

馬毛ブラシ

ホコリ取り・乾燥対策

シューキーパー

横ジワ防止

防水スプレー

大雨対策

ジェイソンマーク シューズクリーナー

取れない砂ホコリ・泥対策

色付きシュークリーム 

くたびれ回復

クリーム塗布用ブラシ 

 

同上

クリーム磨く用ブラシ( 豚毛)

同上

参考になったら嬉しいです。
さいごまでお読みいただき、ありがとうございました。

 

(あわせて読みたい)

www.ikra-orange.com

 

 

www.ikra-orange.com