いくらさんが、減らした

ほどほど系ミニマリストが、衣食住のお役立ち情報をお届けします。

ヘルシオで、よ〜く味がしみたジューシーなからあげを作る方法2選

こんにちは、いくら(ikra)です。

この記事は、

  • ヘルシオのカラ揚げに失敗した。
  • 市販のから揚げ粉だと、あんまり味がしなくない?
  • ジュワっとジューシーなからあげが食べたい!

というあなたに向けて書きました。

この記事の方法なら、
よ〜く味がしみたジューシーなからあげが作れるはずです。

なぜなら、今回私が8つのレシピ(口コミ含む)を作り比べた結果、
一番おすすめできると思えた方法だからです。
(長くなるので、本記事では一部の比較結果のみ書きます)

【あわせて読みたい】

【おすすめ順ランキング】ヘルシオのからあげ、9レシピの徹底比較結果

www.ikra-orange.com

 

記事を読み終えたら、ぜひ一度作ってみてくださいね。

 

そもそも、理想的なからあげとは?

定義

はじめに、私の『理想的なからあげ』を定義させてくださいね。
前記事の繰り返しになりますが・・・

 


それは、

①油で揚げない(ヘルシオ一択)

②衣がカラッとしている。(もちろん裏面も)

③おいしそうな茶色

④とってもジューシー

⑤よく味がしみている

です。

 

課題

一番難しいのは②と③だったのですけど、

きな粉を使うとカラッといい感じになることがわかりました。

 

(あわせて読みたい)

ヘルシオでカラッと茶色のからあげを作る、ベストな方法は?意外な答えはこちら

www.ikra-orange.com


そこで次に解決したいのが、

④とってもジューシー

⑤よく味がしみている

です。
できれば市販のから揚げ粉でラクしたいのですが、
下味なしだと、ちょっと物足りなくて。

結論

そこで今回、以下5レシピを作り比べました。

①下味(しょうゆベース)+きな粉

②下味(塩砂糖水)+きな粉

③にんにく+日清のから揚げ粉

④(にんにく&油)+日清のから揚げ粉

⑥下味なし+日清のから揚げ粉

 

結論は・・・

  • ①か②がおすすめ。下味は必要。
  • 市販のから揚げ粉は、にんにくや油の追加不要(足しても大差ない)

でした。


せっかく作るので、ちょっと手間でも、頑張って下味ありにしようと思います。
あきらめがつきました笑

 

ということで、ジューシーにするおすすめ方法2選を御覧ください。

 

 

方法①(定番の味編)

1つ目の方法は、公式レシピどおりの下味で漬け込むことです。

 

よく味がしみて、とってもジューシー、ニンニク風味かつ
しょうゆが香ばしいですよ。

 

詳しい作り方は、前記事を御覧ください。

ヘルシオでカラッと茶色のからあげを作る、ベストな方法は?意外な答えはこちら

 

 

方法②(やさしい味編)

もうひとつのおすすめ方法は、塩砂糖水に漬ける、です。

え〜、塩砂糖水!?って思いました?
私も、超思いました。

でも、おいしいからあげの作り方を検索したら上位にでてきたのです。
気になってやってみました。

(参考リンク1)

【ソレダメ】唐揚げの格上げレシピ。塩砂糖水に浸けるだけでジューシーに!(5月6日)

 

(参考リンク2)

週末レシピ 鶏の唐揚げをジューシーに作る3つのコツ|NIKKEI STYLE

 

結論、塩砂糖水はアリでした。
やさしい味です。特にニンニクが苦手な人はいいと思います。

塩砂糖水は、「ジューシーな肉料理を作るための魔法の水」として、
プロの料理人に知られているとのこと。

以下の効果があるそうです。

  • 砂糖:水分を吸収し保つ
  • 塩:肉の表面をコーティングして水分を閉じ込める

では、レシピをどうぞ!

 

材料(3〜4人分)
  • 鶏もも肉(カット済み):500g

 

  • 下味
    ・水:200cc
    ・塩:小さじ1
    ・砂糖:小さじ1

 

  • きな粉:大さじ4〜5

 

作り方

①下味の塩砂糖水を、ジップロックに入れる

 

②お肉を入れて、冷蔵庫で寝かせる。(今回は3時間)

こんな感じで、ひたひたです。

ヘルシオでからあげ 下味の写真

 

③汁気をよく拭き取って、きな粉をまぶしてヘルシオで加熱する。

※思いっきり省略で、すみません。

ここからは、前記事と全く同じ作り方なのでそちらを見てください。

 

(再掲)

ヘルシオでカラッと茶色のからあげを作る、ベストな方法は?意外な答えはこちら

 

④完成!

ヘルシオでからあげを焼いた写真2

 

しょうゆの色がなくても、きな粉なら
こんなにおいしそうな茶色になりますよ〜

 


食べた感想

ひとくち食べた感想は、「ふんわりやさしい味だな〜」です。

でも正直言うと、期待していた効果

  • 砂糖:水分を吸収し保つ
  • 塩:肉の表面をコーティングして水分を閉じ込める

は、私には、あまりわかりませんでした笑

ヘルシオが優秀だから、
塩砂糖水じゃなくてもジューシーでおいしいのかな?
と思っています。

そして我が家は全員、定番の味のほうが好きでした。
なのでリピートはしませんね。

でも繰り返しになりますが、優しい味好きの方にはいいと思います。
用意する調味料もシンプルですしね。

 

 

市販のから揚げ粉とのジューシーさ比較

下味ありは確実においしいけれど、
市販のから揚げ粉との味比べもしました。

大差なければ、から揚げ粉の方を使いたいですよね。
時短で楽なので!

ということで、ネットで評判の良い日清のから揚げ粉です。

ヘルシオでからあげ 材料の写真

 

3パターン試しました。

①にんにく揉み込む+日清のから揚げ粉

②(にんにく&油揉み込む)+日清のから揚げ粉

③下味なし+日清のから揚げ粉

 

ニンニクを足すとさらにおいしくなる、油も足すとカラっとする、
というネット情報を見たからです。

ちょっとの手間で劇的においしくなるなら、定番にしたいですよね。


焼く前

見た目は変わりません。

ヘルシオでからあげ 焼く前の写真

 

 

完成

ヘルシオでからあげを焼いた写真2

 

結論


結論は・・・ 

「ニンニクや油を足しても、大差なし」でした、私は。
だから、わざわざやらくても良いのではないかと・・・。

日清のから揚げ粉は、何もしなくてもガーリックパウダーの風味で
十分いい仕事をします。

期待していたので、残念な結果です。。

ヘルシオでからあげを焼いた写真3



具体的には

  • 見た目 →3パターンで大差なし。

  油であげたようには見えず、きな粉の方がよい。

 

  • ジューシーさ →3パターンとも、まあまあ。
    油の効果は特に感じられず。

 

  • 味しみ →3パターンとも、まあまあ。
    ニンニク追加は、強すぎて我が家には不評。

でした。

 


まとめると、から揚げ粉使用では、オプションを付けても私は満足できません。
手軽さを求めるなら、シンプルに素焼きの方がいいなあと思いました。

 

 

 

まとめ(比較一覧)

いかがでしたでしょうか。

この記事では、
「ヘルシオでよ〜く味がしみたジューシーなからあげを作る方法2選」
をご紹介しました。

 

今回の比較結果はこんな感じです。

 

カラッと感

(ウラ面も)

おいしそうな茶色

ジューシーさ

味しみ

手軽さ 

総合点

25点満点)

定番下味+きな粉

5◎

5◎

5◎

5◎

3

23

塩砂糖水+きな粉

5

5◎

5◎

5◎

3

23

から揚げ粉のみ

4

4

3△

3△

5◎

19

 

おすすめ順は、

定番下味+きな粉 ≧ 塩砂糖水+きな粉 >市販のから揚げ粉 

ですね。

 

以上のことから私は、
「がんばって下味+きな粉」で作っていこうと決めました。

少しでも「油であげたようなからあげ」にしたいので笑。

あなたも、納得のからあげにであえますように!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 


【あわせて読みたい】

ヘルシオおすすめレシピ記事一覧 - いくらさんが、減らした

 

www.ikra-orange.com

にほんブログ村 料理ブログ 手抜き料理へ
にほんブログ村